blackcatこと鉄道ジャーナリスト 加藤好啓 国鉄夜話

国鉄時代の写真並びに時刻表などを中心にアップさせていただきます。 国鉄に関する資料等も順次アップさせていただきます。 取材・記事の執筆等、お問い合わせはお気軽に blackcat.kat@gmail.comにメール またはメッセージ、コメントにて お待ちしております。

タグ:準急列車

現在のJRでは、列車種別は、特急・快速・普通(快速も普通電車ですが)となっています。
嘗ての国鉄時代には、特急・急行・普通(快速を含む)と3種類の列車がありました。

更に遡って、昭和30年代の時刻表などを参照しますと、特急・急行・準急・普通という4つの種別があります。
戦前は、準急は実質快速列車のようなもので準急行料金は不要でしたが、戦後国鉄発足後は準急料金も必要になりました。

国鉄はご存じのとおり昭和39年(1964)から赤字決算になったのはご存じのことと思いますが、増収の思惑もあって、昭和41年3月の運賃改定時に、100km以上走行する準急列車は急行に格上げすることとしたのです。

元々、準急という列車種別が設けられていました。
当時の特急は文字通り特別な急行列車であり、庶民が簡単の乗れる・・・そんな代物ではなかったのです。
自ずと急行列車が庶民の特急で有ったわけです。
ただ、戦後の荒廃で車両の整備もままならず、ローカル線の列車等では古い客車を使わざるを得ず、そんな列車に急行料金を取るのも憚られることから、準急行として走らせていたという経緯もあります。
実際には、関西線の「準急かすが」のように普通列車でも評判の悪かったキハ17系をわざわざ当時の準急色に塗り替えて、キロハ18と呼ばれる半室2等車(グリーン車)を連結させていたというとんでもない列車等がありました。

急行列車の急行料金というのはそうした意味では、設備料金という位置づけだったのです。

実際には、準急東海のように153系電車が投入され、客車急行よりも早く快適な列車もあったりしました。
実際には客車列車や急行電車にはリクライニングシートの2等車(グリーン車)や食堂車(ビュフェ含む)といった供食設備も充実しており昨今の在来線特急よりもサービスは良かった部分もありました。

しかし、その御車両の増備が続いたことで、気動車でしたらキハ28・58による急行列車の他間合い運用で準急列車等にも入るようになると、いよいよ準急=安かろう・悪かろう では無くなってきたことや、増収の思惑から、100km以上走行する準急列車は一斉に急行になったのです。
一部の列車では100km未満でも併結列車が急行の場合は急行を名乗ることになりました。
昭和41年10月の改正で、名古屋~北濃間で運転を開始した「急行おくみの」は全線70kmほどですが、急行たかやまと併結のため、急行扱いになっていました。
img436
昭和41年10月の時刻表から引用

下図の時刻表を見ていただくと、同じ列車名でありながら昭和40年10月の時刻表では準急に、翌年の昭和41年10月時刻表では急行列車になっています。
img432

img433

昭和40年まで準急であった、みささ、かいけ、砂丘等は準急になっています。
初乗り運賃が10円から20円に上がり、かつ準急時代はどこまで乗っても100円だったのが、距離に応じて100円~500円の間となり、「みささ」で大阪から鳥取まで乗車すると、今まで100円であった列車券が300円と急行料金だけで3倍になった計算になります。

参考までに、昭和40年の準急並びに急行料金と昭和41年の準急並びに急行料金をご覧ください


昭和40年の運賃表、300kmでと300km以上という分け方となっています。
長距離になるほど割安と言えます。
なお、1等(現・グリーン車)の端数は通行税が1割かかるためです。
img435

昭和41年10月時刻表
100km~1000km以上までの地帯区分が細分化し200kmまでは同額ですが401km以上はかなり大きな値上げになりました。

img434

なお、現在は定期列車として残っていた、急行「銀河」や、「きたぐに」が廃止されたことに伴い、定期列車の急行列車は走っていませんが、JR東日本・東海で下記のような列車が走っているようです。

JR東海 急行「飯田線80周年秘境駅号」 373系使用
JR東日本 急行 「ぶらり横浜・鎌倉号」 651系使用

だそうです。
ご教示いただきましたので追記させていただきました。
ありがとうございます。

ひかり号といえば、東海道・山陽線を走る特急で、今は「のぞみ」の陰に隠れて目立たなくなってしまいましたが、「のぞみ」が誕生するまでは、東海道・山陽新幹線の最速列車として君臨していました。
さて、この「ひかり号」という名称、元々九州のローカル急行から召し上げたということは、色々な本で紹介されているのでよくご存じのことかと思います。
この列車はユニークな運転経路をしていました。
昭和38年10月の時刻表を参照してみますと。
西鹿児島(現・鹿児島中央)を8:55に出発すると日豊本線を北上して博多を目指すルートを走る急行列車でした。
更にユニークなのは、三角から熊本を経て豊肥本線経由で大分で西鹿児島からきた列車と合流する運用となっていました。
img402
昭和38年10月の時刻表 日豊本線 西鹿児島~延岡間

img403

昭和38年10月の時刻表 日豊本線 延岡~門司港間 大分で豊肥本線からの熊本始発の列車を併結して、門司港・博多を目指します。
「準急ひまわり」は、元の「準急第2ひかり」の名称を変更したもの。(大分発別府行き)他にも、宮崎発博多経由西鹿児島行きと言った長距離列車も走っていました。
img404
昭和38年10月の時刻表 鹿児島本線 小倉~博多間

更に時代を遡ってみますと、昭和37年10月のダイヤ改正まで、「ひかり」は2往復体制を堅持していました。
この列車はユニークで、大分発別府行きでした。(昭和37年の改正では、西鹿児島発の列車は急行に格上げされましたが、大分発別府行きそのまま準急で残され愛称も、「ひまわり」に変更されました。
この列車は大分から日豊本線を北上し、鹿児島本線、豊肥本線を経由して再び別府に到着する列車でした。
img405
昭和36年7月の時刻表 日豊本線 西鹿児島~延岡間
img406
昭和36年7月の時刻表 日豊本線 延岡~門司港間
img407
昭和36年7月の時刻表 鹿児島本線 小倉~博多間

改めて、昔の時刻表を見るとユニークな列車が多かったものだと思い知らされますね。

↑このページのトップヘ