blackcatこと鉄道ジャーナリスト 加藤好啓 国鉄夜話

国鉄時代の写真並びに時刻表などを中心にアップさせていただきます。 国鉄に関する資料等も順次アップさせていただきます。 取材・記事の執筆等、お問い合わせはお気軽に blackcat.kat@gmail.comにメール またはメッセージ、コメントにて お待ちしております。

タグ:時刻表

3
JR発足時の運転ダイヤ・・・実は昭和61年10月に作られました。
img377

img378
昭和61年時刻表

昭和62年4月1日JR各社は発足しますが、運転ダイヤは昭和61年10月のまま、ということで国鉄時代のダイヤを踏襲していたことになり、本格的なJRのダイヤ改正は昭和63年3月のダイヤ改正まで待つ必要がありました。
img379

img380

と言っても、実際のダイヤ改正の素案などは昭和61年頃からスタートしているので、昭和63年の改正も、基本構想は国鉄時代に出来上がっていたそうです。
img382

余談ですが、JR発足当初は、JR各社で設計図の使いまわしと言うか借用は有ったようで、
リゾートサルーン・フェスタの先頭車のガラスは、スーパーエクスプレスレインボーの下端を短くしただけで共通の設計図と言うか部品を使ったということも聞いたことがあります。
Koro59_festa

リゾートサルーン・フェスタ

Superexpress_rainbow
スーパーエクスプレスレインボー

当時は分割したとはいえ、元々同じ国鉄と言う組織ですから、管理局が大型化したみたいな感じだったのではないかと思いますが、30年もたつとその辺の意識は薄れて来るようですね。

特に、東京駅の新幹線乗り場を見るとつくづくそう思います。
歴史にIFは無いけれど、分割されていなかったら東北新幹線が品川着だったリ、その逆に東海道新幹線が上野まで乗入なんてことも普通に行われていたんだろうなぁと・・・。-

皆様、長らく開けてしまいまして申し訳ございません。
今回は、昭和38年の信越線を見てみようと思います。

今回も当時の時刻表からご覧いただきましょうか。
準急・急行が走る中に1本だけ特急列車の名前が見えます。
その名は。「特急白鳥」
img321

上野駅を09:05に出発、終着駅は大阪20:17ということで約11時間かけて走るという代物、今では新幹線で2時間半、仮に北陸新幹線が大阪まで開業したとしたら4時間程度になるかもしれませんが・・この列車は実はさらにもう一つの特徴は2階建て列車だったということでしょうか。
2階建てと言ってもダブルデッカーを連結していたという意味ではなくて、2方向の違う方向に向かう列車が連結されていたということです。
img322

さらに、この白鳥は、横川~軽井沢間はアプト式区間を通過するという経路を辿っておりました。
さらに11時間も運転しますので食堂車がいずれの編成にも連結されており、14両編成で食堂車が2両もあるというなんとも豪華な編成でした。
img323

今ではちょっと考えられませんよね。
余談ですが、ラックレールを使って運転していた時は80系電車などはコイルバネのままでしたが、特急気動車は勿論、急行気動車も空気ばね式の台車を使っていました。
これは、人員の重さで車体が下がりすぎてラックレールにぶつからないように、一定の高さを保つために必要であったとわれており、その後の粘着運転では重心の低下と座屈による脱線防止の観点から空気ばねをパンクさせるようにするなどその手続きは変わりましたが、当時は「急行志賀」等はキハ57形が投入されておりました。 

昭和39年10月、皆さんご存知の通り新幹線開業ですが、この当時の時刻表はなかなか手に入らないので、昭和39年11月号と言うなんとも中途半端な時期の時刻表を手に入れました。
11月号も0系の表紙なんです。
私も知らなかったんですけど、特に光前頭初期タイプの様子がよくわかるのですが、中々前衛的な写真で個人的には面白い写真の撮り方だなぁと思っています。
img315

さて、早速ページを開いてみますと、新幹線とそれに接続する列車が一覧になっているのですが、1枚で終わってしまう新幹線の時刻表
朝6:00始発の「ひかり1号」 新大阪10:00着で30分の接続で「特急みどり」に乗車すると熊本21:35に到着でいるとのことで、新大阪から熊本まで約12時間かかった計算になりますね。
img316

さらに、主要幹線連絡を見ていただきますと、当時の新幹線に接続する優等列車他が一覧になってみることが出来るのですが、特急「つばめ・はと」が1時間10分ほどで続行運転しているのが非常に興味深いです。
ただ、不可解なのが同じ181系でありながら「はと」の方が「うt場目」よりも5分程度所要時間がかかるのは、「つばめ」の方が格上と言うことなのでしょうか?笑
まぁ、それは冗談ですが。
img314

昭和30年の時刻表から
今回は、岐阜から岡山までの区間の時刻表をアップさせていただきます。
P21の1005列車 「早鞆」とP25 少し見えにくいですが1001列車「西海」は、元々は、連合軍専用列車として運行されていた列車で、その流れを汲む列車だけに独特の雰囲気が有ったと言います。

img214


img215

img216


img218

img217





2
引続き、昭和30年7月の時刻表からアップさせていただきます。
東海道本線の沼津から岐阜間の間をアップさせていただきます。
img207
沼津停車後は、浜松まで2時間近く無停車が当たり前の時代でした。
東海道線が非電化の時代は、浜松で機関車付け替えの間、駅ホームでラジオ体操が行われたそうです。


img208
東京発米原行き・東京発京都行き・・・今では考えられないような長距離普通列車が走っていましたね。

img209

21:00以降は大阪行き急行を中心とする夜行列車が下っていきました。当時は九州夜行は大阪で朝を迎えるパターンでした。「特急あさかぜ」が誕生して初めて、九州に朝到着するパターンが誕生しました。。

img206

明星・月光・せと・大和・伊勢・・・なんとも懐かしい列車名が並びます。

↑このページのトップヘ