blackcatこと鉄道ジャーナリスト 加藤好啓 国鉄夜話

国鉄時代の写真並びに時刻表などを中心にアップさせていただきます。 国鉄に関する資料等も順次アップさせていただきます。 取材・記事の執筆等、お問い合わせはお気軽に blackcat.kat@gmail.comにメール またはメッセージ、コメントにて お待ちしております。

タグ:大阪駅

皆さまこんばんは、本日は昭和47年3月15日のダイヤ改正
新幹線岡山開業を見ていただこうと思います。
昭和39年の東海道新幹線開業から8年、岡山まで新幹線が開業しました。
山陽新幹線の特徴は、新大阪を境としてひかり号の種類を分けて、各駅停車タイプと速達タイプに分かれていました。
これは、東海道区間と比して、輸送需要は小さいからと考えられたからですが、1桁番号のひかり号が速達タイプで、新大阪~岡山間ノンストップ
2桁番号のひかりが号が、西明石・相生を通過するタイプ、3桁番号のひかり号が、岡山まで各駅停車タイプであり、こだま号は区間運転列車として早朝の新大阪発の送り込み編成だけしか設定されていませんでした。

img495

img497

当時の新幹線岡山開業を告げるCM放送
 

これにより、大阪発着の昼行特急列車は、「しおじ」、「なは・日向」、「かもめ」、「みどり」、急行べっぷ1号・つくし1号」の他、東京発の長距離急行「高千穂・桜島」も残りました。
高千穂・桜島は、東海道線最後の昼行急行客車列車としての役割を担っており、東京10:00発大阪18:04着、亜終点西鹿児島は10:51(日豊本線経由は14:51)と各々24時間以上走る列車も残っていました。
さらに、夜行列車に関してもその殆どが大阪始発で残され、岡山始発となったのは、「つばめ」「はと」、「月光」の3種類となりました。
それでは、当時の時刻表から見ていただこうと思います。
昭和47年3月15日改正の時刻表を時系列的に並べてあります。
ただし、1番は夜行列車のみであったため省略させていただきました。

つばめ・はとは仲良く岡山発となり、山陽が補完列車としての役割を果たしています。
日向・なは、みどり等は、何れも大阪始発の特急列車として残っています。
19720302
19720303

下関行き特急「しおじ」は全て大阪始発となっており、181系の他運用の都合で485系も使われていました。
19720305
19720306

大阪始発西鹿児島行きの「急行屋久島」も運転されていました。
広島から夜行区間に入り西鹿児島には朝着く夜行列車としての使命を持っていました。
19720307
19720308

夕刻の夜行列車タイムは、ブルートレインの乱舞であり、特急あかつき・彗星・明星・きりしま等に混じって急行列車「日南」等も運転されているのが見えます。
そう考えると当時の大阪駅は夕刻からは10分おきくらいに夜行列車(寝台列車)が旅立っていきました。
19720309
19720310

1時過ぎに大阪駅に停車する「特急金星」までの時間は大阪駅はある意味鉄道ファンにしてみればゴールデンタイムと言えましょう。
19720311

JNR_DC82

参考 昭和46年10月時刻改正 の時刻表を添付させていただきます。

「はと51号」が大阪始発になっています。
19711001
19711002

取材・執筆のお問合せは、お気軽に

blackcat.kat@gmail.comまでお願いいたします。

スパム対策で、@は全角となっています。

3
今晩は、本日は昭和47年の大阪駅に皆様をご案内したいと思います。
昭和47年3月15日、新幹線は岡山まで開業、



これにより山陽線内特急、「しおじ」と九州特急の一部、「日向」・「なは」・「みどり」・「かもめ」一部の九州急行が残りましたが、「つばめ」・「はと」は、岡山発着となり新幹線連絡列車となりました。また、急行山陽も岡山発着の列車として153系で運転されていました。
2016-11-07_53
153系による急行山陽

昭和47年の時刻表 大阪駅編
img255
下関行きの「特急しおじ1号」が出発、その後、特急「日向・なは」が出発していきます。
当時は併結相手の日向が非電化区間を走るため、なは、も架線下DCとして走っていたと記憶しております。
その後、昭和49年の延岡電化で日向も電車化されました。2016-11-07_54
岡山駅を出発する、特急なは

img256
「なは・日向」・「かもめ」・「みどり」と大阪駅から九州向けの特急が出発、他にも直通列車として
筑紫(つくし)が運転されており、ビュフエも営業していたようですね。

img257
昼間帯では、「しおじ」以外は、岡山発着の特急・急行が目立ちますね。
img259

img258

なお、16:00以降のダイヤは後日アップさせていただきます。


↑このページのトップヘ