blackcatこと鉄道ジャーナリスト 加藤好啓 国鉄夜話

国鉄時代の写真並びに時刻表などを中心にアップさせていただきます。 国鉄に関する資料等も順次アップさせていただきます。 取材・記事の執筆等、お問い合わせはお気軽に blackcat.kat@gmail.comにメール またはメッセージ、コメントにて お待ちしております。

タグ:夜行列車

この列車、一部を画像加工させてもらっているのですが。
佐世保行きという列車、本来なら長崎・佐世保であっても不思議ではないというか、長崎に何故行かないのかという疑問を持たれるのではないでしょうか。
キャプチャ
 1001列車、東京~大阪間には3等車が連結されていますがそれ以外の区間は3等は連結されないようです。
実はこの列車特殊列車と呼ばれるもので、当時の時刻表の解説に

特殊列車 東海道線方面1001,1002,1005,1006列車 、東北方面1201,1202列車の1.2等急行券は発売枚数に制限があり、また発売駅は限定されております。
と明記されています。
日本人でありながら日本の鉄道に乗れないという矛盾がある列車、それが特殊列車でした。 

キャプチャv
 
当時の特殊列車の編成
西海は3等を連結した(実際は大阪で車両の大半を入替)する列車であったのに対して、早鞆は1・2等のみという豪華列車となっています。
ちなみに、特殊列車という名称から正式に 愛称がつけられたのは昭和29年10月の改正でした。
それまでは、特殊列車といういかにも特別な怪しい?列車だったわけです。
あいにく、29年10月の時刻表が無いので、昭和30年7月の時刻表をご覧いただこうと思います。

img331

昭和30年時刻表の西海

 img332
同じく、特殊列車の流れを汲む「早鞆」

4
皆様こんにちは、別のブログで12系+20系連結のお話をさせていただいたのですがその記事に関連して、「急行かいもん」並びに「急行日南」の時刻表を見ていただきます。
いずれも昭和58年1月の時刻表をスキャンしたものです。
当時は荷物輸送の関係もあり、乗客の有無にかかわらずこうした荷物列車が運転されていました。

私も、JRになってからの昭和62年頃ですが、「急行・かいもん」に乗ったことがあります。
青春18きっぷで九州入り、小倉から出水まで乗車、そこから再び各駅停車で西鹿児島を目指した記憶があります。
その時には座席車もリクライニング車だったのでもしかしたら14系もしくは12系を改造したリクライニング車だったのかもしれませんし。寝台車も14系になっていたことと思われます。
img287
昭和53年頃の時刻表では、門司始発でしたが、この頃には、門司港始発となっています。
しかし、あの頭単式ホームに寝台列車と言うのは絵になったでしょうね。
昭和61年頃も20系が使われていたようです。

img288

なお、「急行かいもん」と「急行にちなん」がペアで運行されていたので、日南の時刻も貼らせてもらっておきますね。

img290

「急行日南」は、宮崎からは普通列車となるため、20系客車を使った豪華な普通列車が走っていたことになりますね。
img289

参考
キャプチャ

昭和60年11月の時刻表から作成しました。

新幹線博多開業後の夜行列車はどのように変化したのでしょうか。
東京始発の長距離急行高千穂・桜島が廃止になり、名古屋発着の阿蘇も廃止になりましたが、それ以外の東京発着のブルートレインの本数に影響はなく、関西発着の特急4往復減少した程度でさほど大きな変更はありませんでした。
「あかつき」が削減されて「明星」に統合された他、西鹿児島行き寝台特急として「なは」が新たに誕生しています。
寝台特急「なは」は鹿児島新幹線開業時は熊本までに短縮された運転になりましたが。
本題に入る前に少しだけこの列車の誕生経緯をお話しておきましょう。

特急「なは」・・・名前からわかるように、沖縄県那覇市の地名から命名されたもので、「なは」と平仮名で書かれるとピンときませんよね。
Image31004
「特急なは」

機会があれば詳細はまた別の機会に書かせていただきますが、沖縄がアメリカの施政権下に置かれていたころ、早期本土復帰の願いを込めて琉球新報が「本土に沖縄名の列車を走らせよう」というキャンペーンで公募したものが始まりで、これを受けて昭和43年10月のダイヤ改正で「特急かもめ」の鹿児島編成の愛称を「なは」に変更したのが始まりであり、その後も伝統は受け継がれて、博多開業後は消える運命にあった「昼行特急なは」は再び「寝台特急なは」として復活したわけです。

さて、前置きが長くなりましたが、当時の時刻表を見てみますと、「霧島」が消えて、「あかつき」が長崎方面の列車名に統一され、「彗星」は引続き大分方面の列車に使われることになります。
また、関西方面では2段寝台化が進みそうした意味ではサービスの向上は西日本から行われたと言えましょうか。
それでは、昭和49年12月の時刻と昭和50年3月の時刻表の比較をどうぞご覧くださいませ。キャプチャ1

当時の国鉄の時刻表風に、臨時列車は黄色にしております。
.
キャプチャ2
列車の併合が多いので列車本数的には4往復減ですが実際にはさらに減った感はあります。
ただ、夜行バスが現在ほど発達していませんでしたので座席主体の夜行列車が多客期を中心に需要があると見越して客車による列車が設定されています。

昭和50年3月の列車ダイヤをどうかご覧くださいませ。
img284

img286

img287

↑このページのトップヘ