blackcatこと鉄道ジャーナリスト 加藤好啓 国鉄夜話

国鉄時代の写真並びに時刻表などを中心にアップさせていただきます。 国鉄に関する資料等も順次アップさせていただきます。 取材・記事の執筆等、お問い合わせはお気軽に blackcat.kat@gmail.comにメール またはメッセージ、コメントにて お待ちしております。

日本国有鉄道の研究家として、「国鉄があった時代」というサイトを運営しております。
blackcatこと加藤好啓です。
鉄道に関する取材等はお気軽にお申し付けください。

在急速に223系と225系が増殖?している阪和線ですが。
今から40年ほど前には、阪和線には京阪神緩行の中古電車が集結していた時期がありました。
元々阪和線は、阪和鉄道と言う私鉄でしたが山側を走っていたため業績は低迷、最後は社長の自殺と言う形で幕を引き、南海電鉄山手線となったものもつかの間、戦争激化により軍部の要請で南海電鉄山手線は国鉄阪和線となりました。
そんな経緯もあって、阪和線は外様大名のようなものだから国鉄としては冷遇しているのだろうという意見がまことしやかにあったのですが、実は阪和線の車両は非常に優秀な車両であったため、阪和線では重宝されていました。
モタ300形・モヨ100形に代表されるこれら車両は国鉄編入後は、機器類を国鉄形に変更したのですが、国鉄形になってグレードダウンしたと言われています。
更に、昭和30年代には阪和線に直接70系電車が投入されており、全金属車の300番台は横須賀線以外では阪和線が唯一であり、昭和50年の旧型車一掃まで阪和線を走り続けました。
さらに、昭和40年頃には103系も新製配置される等決して阪和線は国鉄本社から冷遇されていたわけではないのです、しかしどうして阪和線に旧形電車が集中してしまったかと言うと、それは阪和社型の一斉廃車が有ったのが一つの原因でした、その時に丁度京浜東北線などで余剰となりつつあった73形などが大挙して押し寄せて阪和線に集まってしまったのです。
img284c
最終日の阪和社形の運行 天王寺駅にて 天鉄局30年史アルバムから
 
当時は、首都圏に集中して新車を入れてその玉突きで旧型車を地方に転出させる手法が取られていましたからこれは阪和線だけが割を食ったということにはならないと言えそうです。

ただ、この頃は南海電鉄は和歌山と大阪間での輸送で圧倒的有利に立っており、新性能電車7001系やその改良型である7101 系を増備していたこともあり阪和線としてもただ指をくわえてみているだけの状態であったことも事実でした。
2016-11-30_75
南海本線が通る線路沿いは旧市街地に沿って走っているため、町が発展しているのに対し、阪和線は山間部を通っているため、鳳から向こうは殆ど玉ねぎ畑と言った風情で、実際東岸和田駅などでは玉ねぎ輸送のための側線が有りました。
実際、阪和線に夜乗ってみると、和泉府中を過ぎれば何も周りになくて闇の中を走るという表現がぴったりな感じでした。
あまりにも前置きが長くなりましたが 、そろそろ表題の快速表示板のお話をさせていただこうと思います。
当時の阪和線の列車種別は、特急・急行・快速・区間快速・普通で、特急と急行は紀勢本線直通の列車ですので、実際の阪和線のみの運転は、
快速・区間快速・普通となります。
そして、快速電車のうち、旧形国電で走る電車にはその行き先を表示させるのに、下記のような表示板を掲出していました。
IMG_8927
和歌山が、和可山と当て字なのはご愛敬ですが、この標識を電車の前に吊るして走っていました。

快速が、赤色表示で、区間快速は緑色となっていました。

快速の停車駅は、当時は堺市・鳳・和泉府中・泉砂砂川・紀伊中之島であり、区間快速は、堺市・鳳、鳳以南は各駅停車でした。
 img008
余談ですが、区間快速は「直行」昭和43年頃まで直行と言う表示を使っていたようです。
阪和線直行表示板
イラストは、当時の写真を基に再現したイメージです。
 

国鉄最後のダイヤ改正は何時だったか覚えていますか?
昭和61年(1986年)10月のダイヤ改正が国鉄としては最後のダイヤ改正であり、JRとしても最初のダイヤと言うことになります。

国鉄改革の場合他の公社(電電公社や専売公社)と異なり、組織を分割してなおかつ、職員の振り分けも並行して行うという他の公社と異なる部分がありました。
詳細はまた別の機会に詳しく書かせていただきますが、会社を分割することになるので会社ごとの資産分が行うことになります。
例えば機関区の場合、当該機関区が貨物だけとか、旅客会社だけと完全に分離で来ている場合は問題ないのですが、そうでない場合は使用する面積などに応じてその案分割合を決めるもしくは分離できない場合は共用スペースとして面積等に応じて費用分担額を決めるなんてことも行い、各会社の資産を決める必要がありました。 

他にも職員の人選と言うことで、下記のような資料に基づき調書が作られて最終的に新会社が採用者を決めるなどのことも行われたそうです。 
 http://jnrera.webcrow.jp/potal_shiryou/kaikaku/kanrichousho.html
 
さて、そろそろ本題に入ろうと思います。
どこを引っ張っても良いので適当に開いてみたページからアップさせていただこうと思います。
img361
 昭和61年函館本線 長万部~札幌~旭川間の時刻表
昭和62年4月1日以降も、国鉄のダイヤをそのまま踏襲する形で新生JRは走り続けることとなり、一足早くJRに対応したダイヤ?もしくはJRのダイヤ自体は翌年の青函トンネル開通並びに、備讃瀬戸大橋開通までお預けになたっと言うべきでしょうか。
いずれにしても、昭和63年には日本列島一本列島のキャッチフレーズで大幅なダイヤ改正が行われたのはご存じのとおりです。


1987年3月31日 
京都の梅小路機関区では、静態保存機であるC51・C53を除く動態保存機が一斉に汽笛を鳴らして蛍の光を演奏するという行事が行われました。
当時はテレビで放映されたのですが。
有難いことに今ではyoutube等を通じてみることが出来ます。



30年と一口に言っても本当に長い年月です。
明日から、こちらのblog以外でも、国鉄に関するお話をさせていただく予定です。

こうご期待?

IMG_9121
 
国鉄時代の制帽
桐と動輪・・・国鉄の象徴でした。
現在この流れを残しているのは、JR東海だけですよね。
国鉄のDNAを最もよく残している会社と個人的に思っております。

↑このページのトップヘ