blackcatこと鉄道ジャーナリスト 加藤好啓 国鉄夜話

国鉄時代の写真並びに時刻表などを中心にアップさせていただきます。 国鉄に関する資料等も順次アップさせていただきます。 取材・記事の執筆等、お問い合わせはお気軽に blackcat.kat@gmail.comにメール またはメッセージ、コメントにて お待ちしております。

日本国有鉄道の研究家として、「国鉄があった時代」というサイトを運営しております。
blackcatこと加藤好啓です。
鉄道に関する取材等はお気軽にお申し付けください。

2
引続き、昭和30年7月の時刻表からアップさせていただきます。
東海道本線の沼津から岐阜間の間をアップさせていただきます。
img207
沼津停車後は、浜松まで2時間近く無停車が当たり前の時代でした。
東海道線が非電化の時代は、浜松で機関車付け替えの間、駅ホームでラジオ体操が行われたそうです。


img208
東京発米原行き・東京発京都行き・・・今では考えられないような長距離普通列車が走っていましたね。

img209

21:00以降は大阪行き急行を中心とする夜行列車が下っていきました。当時は九州夜行は大阪で朝を迎えるパターンでした。「特急あさかぜ」が誕生して初めて、九州に朝到着するパターンが誕生しました。。

img206

明星・月光・せと・大和・伊勢・・・なんとも懐かしい列車名が並びます。

********************************************************
取材・記事の執筆等、お問い合わせはお気軽に
blackcat.kat@gmail.comにメール
またはメッセージ、コメントにて
お待ちしております。

国鉄があった時代 JNR-era
********************************************************



保存
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

昭和31年7月号時刻表の東海道本線の時刻表から
当時は、特急「つばめ」「はと」は客車列車の時代であり、東海道線全線電化により青大将塗装になったEF58が東海道を上下することになりました。

img201

img203

img204
********************************************************
取材・記事の執筆等、お問い合わせはお気軽に
blackcat.kat@gmail.comにメール
またはメッセージ、コメントにて
お待ちしております。

国鉄があった時代 JNR-era
********************************************************
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

巷には多くの鉄道に関するニュースが流れていますが、ソカからピックアップして解説を加えて行こうと思います。

1周間に1回程度の更新を目標にしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

↑このページのトップヘ