blackcatこと鉄道ジャーナリスト 加藤好啓 国鉄夜話

国鉄時代の写真並びに時刻表などを中心にアップさせていただきます。 国鉄に関する資料等も順次アップさせていただきます。 取材・記事の執筆等、お問い合わせはお気軽に blackcat.kat@gmail.comにメール またはメッセージ、コメントにて お待ちしております。

日本国有鉄道の研究家として、「国鉄があった時代」というサイトを運営しております。
blackcatこと加藤好啓です。
鉄道に関する取材等はお気軽にお申し付けください。

3


今晩は、本日は昭和47年の大阪駅に皆様をご案内したいと思います。
昭和47年3月15日、新幹線は岡山まで開業、



これにより山陽線内特急、「しおじ」と九州特急の一部、「日向」・「なは」・「みどり」・「かもめ」一部の九州急行が残りましたが、「つばめ」・「はと」は、岡山発着となり新幹線連絡列車となりました。また、急行山陽も岡山発着の列車として153系で運転されていました。
2016-11-07_53
153系による急行山陽

昭和47年の時刻表 大阪駅編
img255
下関行きの「特急しおじ1号」が出発、その後、特急「日向・なは」が出発していきます。
当時は併結相手の日向が非電化区間を走るため、なは、も架線下DCとして走っていたと記憶しております。
その後、昭和49年の延岡電化で日向も電車化されました。2016-11-07_54
岡山駅を出発する、特急なは

img256
「なは・日向」・「かもめ」・「みどり」と大阪駅から九州向けの特急が出発、他にも直通列車として
筑紫(つくし)が運転されており、ビュフエも営業していたようですね。

img257
昼間帯では、「しおじ」以外は、岡山発着の特急・急行が目立ちますね。
img259

img258

なお、16:00以降のダイヤは後日アップさせていただきます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr



今回は、昭和38年の時刻表から常磐線をアップしたいと思います。
画像はいただきものですが、デビュー当時の「はつかり」の貴重な写真です。
キハ81は、その設計に際して地元の要望から高運転台のボンネットタイプとなったそうですが、当時はまだだブレット交換の区間もあったので、運転台の高さは電車よりもかなり低く設定されたこともあり、151系と比べると鈍重なイメージは免れません。

img006


IMG_7970
交通博物館に保存されている161系 こうして比較するとキハ81の運転台が低いことが理解できます。

早速、常磐線の昭和38年の時刻表から見て行きましょう。
電車「準急ときわ1号」の表記が見えます。
これは新製されたばかりの451系が使用されていたようです、ただし準急列車なのでビュッフェも1等車の連結も見送られているようですね。
「準急ときわ」自体は、昭和33年の時刻改正からキハ55によるディーゼル急行として走っているようです。

img248

次ページをめくってみましょう、上野~水戸間は「全車指定席」の「準急ひたち」、更にその20分後には、ある機関助士でも出てくる、「急行みちのく」が出てきます。
当時はこうした、列車種別の異なる列車がほぼ同じ時間帯で走るということが多々ありました。
これは、旺盛なる輸送需要に応えたことと、特に上野~水戸間では長距離輸送は「急行みちのく」に任せて「平」までの中距離区間は準急に任せることで座席の確保を図っていたと思われます。

実際、「急行みちのく」は9:50上野発、青森到着が23:23ですから約14時間かけて走っていたわけですが、当時の編成を見ると、荷物車を含む13両の堂々たる編成で、荷物車1両、1等車2両(うち1両は自由席)+食堂車+2等車となっています。
最後尾の12号車は、上野~仙台間、9~11号車は上野~盛岡間で切り離される運用となっていたようです。
現在は、青森まで新幹線で3時間、隔世の感を禁じ得ません。

img249
こうしてみると急行列車の停車駅も少ないですよね。

更に時間旅行を進めましょう、夕方になると16:30には早々と「急行北上」が上野駅を出発します、青森到着は翌朝5:47、寝台列車の表記が見えます。同じく19:50には「急行北斗」が上野駅を出発します、その間に18:10 「急行十和田」、21:00には「第2十和田」(こちらは臨時列車のようです。)が運転されています。
さて、「北上」と「北斗」特に「北斗」は北海道でも列車名で使われていましたが、ずばりこの2列車は、北海道連絡の使命を持っており、「北上」は6:20青森発の13便に、「北斗」は9:50青森発の17便と接続していました。
逆に十和田に接続する便は無く、「十和田」が青森県内までの利用、「北上」「北斗」難い北海道連絡の使命を持っていたことが当時の時刻表からも見ることが出来ます。
「北上(ほくじょう)」とも読めますよね。笑


img250
最終ページを見ますと、東北・北海道観光団体列車なるものの表記が見えます。
こちらも、南紀観光団体列車と同様言わばお仕着せの団体旅行列車で、ナハネ11及び旧形客車を改造したオハネ17(いずれもその後冷房改造で、オハネ12、スハネ16に改番)が使用され、車体すそ部にクリーム色の細線が入った専用編成が使われたといいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

4
東海道新幹線、1時間に最高13本走るということで285km/hで3分間隔で走るとういうのもちょっと信じがたいし、
キャプチャ
京都駅などでは、交互にホームを使って、発車すると反対側のホームに次の列車が到着するというなんとも緻密なダイヤが組まれており、40万席以上の座席が確保されていると言われていますが、今から50年前、新幹線が出来る前の東海道線と言うのはどうだったのでしょうか。

しばし、昔の時刻表を見ながら、しばし時間旅行をお楽しみいただこうと思います。
昭和38年10月の時刻表を皆様に見ていただこうと思います。
新幹線開業を1年後に控えた最後のダイヤ改正です。
懐かしい名前がずらっと・・・。

つばめ・はと・こだま・富士・ひびき・…等々
「ひびき」は、元々は日光用として製作された157系を使用した特急でこの頃では「特急ひびき用」として増備されています。
157系に関してはデビュー当初は赤色が準急色と言うことで関西線113系に使われた朱色が使われていましたが。ひびきの定期運用に入った頃から、特急標準色に塗り替えられてしまいました。
準急用としてのスタートでしたので食堂車がないなど供食設備には不備が残りましたが在来線としては華やかな時代であったと言えましょう。
img239

第1こだま・ひびきなどの名称が見える。
特急列車は言うに及ばず、急行列車もビュフェ(東海道線では寿司を販売)していたが、職人の補充が難しくて東海道線以外ではうどん・そばコーナーになりました。
当時は、食堂車が設備されていないのは準急列車だけであり、急行列車の1等車はリクライニングシート準急の1等車は特急の3等車と同等と言うように設備面で大きく差をつけていました。

img240.
この時間になると、急行「桜島」鹿児島本線経由西鹿児島行きが東京駅を出発していきます。
当時は不定期列車のためか食堂車も寝台車も連結は見送られています。東京~西鹿児島(現 鹿児島中央)まで約27時間の旅でした。

img241
次ページには、急行高千穂が同じく29時間の運転時間で西鹿児島迄日豊本線経由で運転されています、当時は高千穂が主流のようで、食堂車も連結されています。
ちょっと見にくいのですが、「特急第2つばめ」の5分後には「特急さくら」が出発、非常に豪華な共演だと言えそうです。

img242

19時台になると山陰・大阪方面行き急行列車が発車していきます。
急行出雲を皮切りに、伊勢・那智、はりま。能登(東海道・北陸線経由金沢行き)、安芸、銀河・・・と下って行く様は壮観だったと思いますね。

取材・記事の執筆等、お問い合わせはお気軽に
blackcat.kat@gmail.comにメール
またはメッセージ、コメントにて
お待ちしております。

国鉄があった時代 JNR-era

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

↑このページのトップヘ