blackcatこと鉄道ジャーナリスト 加藤好啓 国鉄夜話

国鉄時代の写真並びに時刻表などを中心にアップさせていただきます。 国鉄に関する資料等も順次アップさせていただきます。 取材・記事の執筆等、お問い合わせはお気軽に blackcat.kat@gmail.comにメール またはメッセージ、コメントにて お待ちしております。

日本国有鉄道の研究家として、「国鉄があった時代」というサイトを運営しております。
blackcatこと加藤好啓です。
鉄道に関する取材等はお気軽にお申し付けください。

ひかり号といえば、東海道・山陽線を走る特急で、今は「のぞみ」の陰に隠れて目立たなくなってしまいましたが、「のぞみ」が誕生するまでは、東海道・山陽新幹線の最速列車として君臨していました。
さて、この「ひかり号」という名称、元々九州のローカル急行から召し上げたということは、色々な本で紹介されているのでよくご存じのことかと思います。
この列車はユニークな運転経路をしていました。
昭和38年10月の時刻表を参照してみますと。
西鹿児島(現・鹿児島中央)を8:55に出発すると日豊本線を北上して博多を目指すルートを走る急行列車でした。
更にユニークなのは、三角から熊本を経て豊肥本線経由で大分で西鹿児島からきた列車と合流する運用となっていました。
img402
昭和38年10月の時刻表 日豊本線 西鹿児島~延岡間

img403

昭和38年10月の時刻表 日豊本線 延岡~門司港間 大分で豊肥本線からの熊本始発の列車を併結して、門司港・博多を目指します。
「準急ひまわり」は、元の「準急第2ひかり」の名称を変更したもの。(大分発別府行き)他にも、宮崎発博多経由西鹿児島行きと言った長距離列車も走っていました。
img404
昭和38年10月の時刻表 鹿児島本線 小倉~博多間

更に時代を遡ってみますと、昭和37年10月のダイヤ改正まで、「ひかり」は2往復体制を堅持していました。
この列車はユニークで、大分発別府行きでした。(昭和37年の改正では、西鹿児島発の列車は急行に格上げされましたが、大分発別府行きそのまま準急で残され愛称も、「ひまわり」に変更されました。
この列車は大分から日豊本線を北上し、鹿児島本線、豊肥本線を経由して再び別府に到着する列車でした。
img405
昭和36年7月の時刻表 日豊本線 西鹿児島~延岡間
img406
昭和36年7月の時刻表 日豊本線 延岡~門司港間
img407
昭和36年7月の時刻表 鹿児島本線 小倉~博多間

改めて、昔の時刻表を見るとユニークな列車が多かったものだと思い知らされますね。

3
昭和33年特急「こだま」が電車特急として誕生することになったとき、愛称の公募が行われました。その当時の国鉄線の記事を参考に少しだけ書かせていただこうと思います。
画像は、伯備線を走る381系「いずも」ですが、この先頭車に設けられている特急マークですが、これ
は国鉄時代の象徴ともいえるものであり、特急電車には185系に至るまでも設置されていました。IMG_7549
国鉄の分割・民営化が既定路線となった昭和61年に製造された185系や183系500番台では国鉄時代に製造された車両とはいえ、特急の象徴であったマークの設置は見送られました。
1280px-JNR-DC-Kiha185-11
185系気動車 画像 Wikipedia

特に185系は、そのデザインが183系500番台よりも簡素に見えたので、急行型のようにも見えました。さて、それは余談ですが、当初の特急マークは現在とは少し異なっていました。
それは、当時の資料の画像から少し加工したものですが、WXPRESSの文字が入っています。

キャプチャ
最終的にはデザイン的なものがあって、省略されたのですが「EXPRESS]の文字が入るだけでぐっとレトロと言いますか、昭和を感じてしまいますね。

さて、当時の記事を見ますと、6月末に決定したと書かれています。
応募総数9万2864通、そのうち無効扱いが2万1187通であり、将来的に使用を予定している、「富士」を除くと、
1位 はやぶさ 5957票
2位 はやて  2360票
3位  暁      1734票
以下一次選考で24点に絞られたそうです。

最終的に、行って帰ってくるということで、下記のとおり決定者は
入選 こだま
佳作 さくら(「さちかぜ」は「あさかぜ」と紛らわしいためでした。
外に、佳作として、「はやぶさ」「初雁(はつかり)」「平和」が決定したそうです。
「平和」は大阪~広島間の特急列車に使われましたが、広島電化延伸で「つばめ」が延長運転となり発展的解消で廃止となり、短命特急の一つとなりました。
その後、「平和」と言う名称の特急列車は誕生していません。

入選者の決定は、特急「こだま」と書いた人の中から公開抽選で行われ、各社記者が見守る中、はがきの山の中から、長崎県の女性が見事射止めたそうです。
同様に佳作についても各1点ずつ選ばれたと言われています。

さらに、特急マークに関しては応募総数5537点から800点を選び最終的に三重県在住の男性のデザインが採用されることとなりました。

3


昭和34年に登場した、修学旅行電車「ひので」「きぼう」ですが、その成功を受けて中京地区でも修学旅行電車を昭和35年に利用債を引き受けて製作することになったのですが、昭和34年の伊勢湾台風被害のため、昭和35年からの利用債引き受けは困難となったそうです、そんな中、国鉄は名古屋地区の修学旅行生のために153系の予備車をかき集めて修学旅行専用電車として運転、大いに感謝されたと言います。
そして、正式昭和36年には中京地区専用として159系電車が製造されることとなりました。

名古屋地区は、「こまどり」の愛称で「大垣~品川」間で運転されました。

基本的なスタイルは155系と同じながら下記の点が異なっていました。

155系では2+3人掛けでしたが、159系では2+2人掛けとなり153系と差異が無くなりました。
また、これに伴い網棚の形も同様に変更されました。
また、155系では、座席の間に専用のスペーサーを入れることで簡易ベッドにしていましたが、159系ではA寝台下段のように、座席を前に引き出すことで簡易ベッドにすることが出来るようになっていました。
何れも、カーテンを上からつるせるようになっていたことは言うまでもありません。
他に外観の特徴としては、155系では定員が多いこともあって103系などと同じ円筒形の通風器でしたが、159系では153系と同じ押し込み式通風機になるなど若干仕様が変更されていました。

それ以外は、155系も159系もほぼ同じでしたが、
中京地区の159系は「臨時準急ながら」等に使われる機会が多かったと聞いています。

その後、165系ベースの167系も製造されていきますが、これはまた別の機会にでもお話しましょう。

他にも、国鉄では修学旅行電車の気動車版がありました。こちらは、専用形式と言う訳ではなく、キハ58-800番台として、塗装が修学旅行用色になった他、テーブルの増設置などが行われた程度であり、九州地区では「とびうめ」東北地区では「おもいで」という愛称で使われたようですが、運転期間は短かったのか時刻表には特段の表示はありませんでした。
1280px-DC58_Omoide
画像 Wikipedia (塗装だけ修学旅行色にした似非800番台)

今となっては、思い出の記憶の中にしかないこれレ他の列車ですが、ふと思い出し語り合って生ける機会があれば幸いです。

標題は155系になっているのですが、写っている車両は159系と言うオチですね。苦笑(1.50辺りから155系が出てきますが、155系と159系、167系がごっちゃになっています。

まぁ、どうでもいいことなんですけどね。

保存

↑このページのトップヘ